光雲神社 修繕工事

はじめに

光雲てるも神社
西公園入口

福岡市中央区、中心市街(天神)の西、福岡城址の北に荒戸山と呼ばれた山があります。
この山は、九州で唯一『日本さくら100選』として指定されている福岡県管理の西公園です。
春には、山まるごとが見事に桜色に染められ3000本もの桜が咲き誇り、その西公園の山頂付近にあたる荒戸山中央に光雲神社は鎮座しています。

参道鳥居

古く江戸時代前期には、博多湾に半島の様に突き出したこの地に福岡藩によって壮麗な荒戸山東照宮が建立されていました。
明治になり東照宮が廃祀されたこの場所に、福岡城内より黒田如水・長政親子を祀った神社が遷座します。その際に、主祭神の黒田如水と長政親子から、如水の法名「龍光院殿」と長政の法名「興雲院殿」から一文字ずつをとって『光雲神社』と名づけられました。

光雲神社 本殿屋根

御寄進のお願い

『光雲神社』からのお願い。

この度、『光雲神社』の銅板葺き緑青屋根の雨漏りがひどくなり、葺き替えが必要なことが判明しました。
2023年の黒田長政公没400年記念祭の祈念事業として、銅板屋根の葺き替えを行うこととしました。
しかしながら、氏子を持たない崇敬社である当社では、屋根の葺き替え予算が捻出できず、広く皆様からのご支援を仰ぐことと致しました。
つきましては、黒田如水、黒田長政を始め、歴史ファンの志ある皆様方に、ご寄進いただければ幸いに存じます。

修繕事業概要

本殿の屋根葺替費用の一部として
御奉納いただきました金額に応じて
下記の返礼をご用意しております。
工事終了後に、ご芳名を境内に掲示いたします。

※返礼品のお渡しについて
奉納者様のお名前をお入れした銅板は、2023年完成予定の、光雲神社本殿屋根吹替に使用する銅板として奉納させていただきます。(外部に掲示されるものではございません。)お名前入りのプレートの写真を、メール等で送付させて頂く予定です。
その他の返礼品は、全て郵送させて頂きます。

【返礼1】

奉納者様ご芳名入り銅板写真

銅板に奉納者様のお名前をお入れした銅板を本殿へ奉納させていただきます。

奉納者様ご芳名入り銅板写真

【返礼2】

光雲神社 幸運のお守り

光雲神社 幸運のお守り

奉賛金20,000円で申し込む

申し込む

【返礼1】

奉納者様ご芳名入り銅板写真

銅板に奉納者様のお名前をお入れした銅板を本殿へ奉納させていただきます。

奉納者様ご芳名入り銅板写真

【返礼2】

奉賛御朱印入り 光雲神社御朱印帳

光雲神社御朱印帳に奉賛御朱印を押印させていただきます。

奉賛御朱印入り 光雲神社御朱印帳

【返礼3】

朱塗り大杯

(直径230mm 高さ80mm)

朱塗り大杯

【返礼4】

光雲神社 幸運のお守り

光雲神社 幸運のお守り

奉賛金30,000円で申し込む

申し込む

【返礼1】

奉納者様ご芳名入り銅板写真

銅板に奉納者様のお名前をお入れした銅板を本殿へ奉納させていただきます。

奉納者様ご芳名入り銅板写真

【返礼2】

朱塗り大杯

(直径230mm 高さ80mm)

朱塗り大杯

【返礼3】

奉賛御朱印入り 光雲神社御朱印帳

光雲神社御朱印帳に奉賛御朱印を押印させていただきます。

奉賛御朱印入り 光雲神社御朱印帳

【返礼4】

光雲神社 幸運のお守り

光雲神社 幸運のお守り

【返礼5】

博多人形

(縦 325mm 横 230mm)

博多人形

奉賛金50,000円で申し込む

申し込む

光雲神社概要

『光雲神社』概要

【所在地】
福岡県福岡市中央区西公園13番1号

【祭神】
黒田如水(官兵衛) 
〔法名 龍光院殿〕
黒田長政:筑前国福岡藩初代藩主 〔法名 興雲院殿〕

【例祭日】
春季大祭 4月20日
秋季大祭 10月4日

〔摂社〕堅盤神社
黒田重隆公、職隆公、忠之公、阿津姫をお祀りしています。

〔末社〕荒津神社
神武天皇・大物主神・金毘羅神をお祀りしています。

〔末社〕日吉神社
大己貴命、国常立尊、正哉吾勝尊、国狭槌尊、伊奘冊尊、瓊瓊杵尊、惶根尊をお祀りしています。

縁起

〔光雲神社の創建〕
孝高、長政両公の法名から一字ずつ採り光雲神社と名付けたものであります。
第六代藩主黒田嗣高公の代に現在の福岡市舞鶴城内に創建。明治四年廃藩置県の際、黒田家が東京に移転されるに及んで有志等が第十一代藩主長溥公に懇願し、明治四年八月 旧社地の小烏吉祥院跡に城内本丸祠堂より奉遷。明治八年には県社に昇格。
明治四十年四月一日 西公園に新社殿落成し、移転遷座。
昭和二十年六月十九日戦災を受け、昭和四十一年十月三十日復元、昭和四十一年二月一日別表加列。

〔黒田如水、長政、両公をまつる光雲神社〕
ここ荒津山頂光雲神社に奉祀する藩祖二公が、慶長五年 筑前国主として移封されるや、当時の警固村に舞鶴城を築き、大濠を堀り、那珂川を境として福岡と博多の町づくりを行い、徳川政治三百年のあいだ、民意を尊び、産業を奨励し、今日の福岡市興隆のいしずえをなしたことは、全く黒田藩祖二公の遺訓におうところ実に多大なるものがあり、福岡の名称は両公が名付け親であることも周知のことであります。
明治四十年に光雲神社が、ここ西公園に移転遷座以来、福岡市民は両公の功績を偲び、郷土の祖神として崇め親しんでまいりました。

〔黒田両公の福岡入国〕
慶長五年 黒田長政は、筑前五十二万三千石の太守として名島城へ入国した。関ヶ原の役に父、如水と共に徳川軍に味方して軍功目覚ましく、外様大名としては破格の恩賞でした。天下分け目の戦いが終わり、破れた石田三成が家康の陣中に引き出されたとき、「治部殿、勝負は武士のつね、お気の毒に存ずる」と縄目の上に衣をかけていたわる。この時、三成が長政の耳に口を寄せ「長政殿、この度の働き、あっぱれ。恩賞のあかつきは筑前を所望されよ。筑前一国を治められれば全国を支配出来ましょうぞ。」と教える。
三成こそは、かつて太閤秀吉の「町割り」の時の工事奉行その人、この地の重要性を誰よりも熟知していたと巷説はこの間の事情を興味深く伝えています。

〔福岡築城〕
それまで小早川隆景の居城だった名島は、乱世にはともかく太平の政治にとって東に偏しすぎているとみた長政は、翌慶長六年新しく築城を思いたつ。自ら箱崎、荒戸を視察した後、那珂川郡警固村の福崎に白羽の矢を立て工事はこの年に着工する。
城郭は、東は那珂川、西は金屑川を境に北は海、西の入り江を大きな濠とした。今の大濠公園にあたる。
本丸は、昔の国立病院付近、平和台球場一帯には、家老、馬回り役など重臣屋敷が並んでいました。翌七年完成した。それは天守閣も無く、城と言うより城主を取り巻く重臣クラスの団地と呼ぶに相応しかったが、その天衣無縫ぶりに如水、長政父子の和戦両用の妙計が秘められ、築城の名人、加藤清正もその経綸の秀抜さに舌を巻いて感歎したといいます。

〔英知の洞察〕
「壮麗」よりも「堅固」をむねとして周囲の石垣積みもわずかに見附三門(北側の上の橋、下の橋、南側の追い回し門)の両袖だけを低い土塁でつないだ城。一見無防備に見えながら、いったん開戦に備える周到な用意に次の例があります。
今も大名町西鉄グランドホテル前近くに見られる急カーブが築城法にいう四折り枡形(よつおりますがた)町割り仕掛け。四つ角をわざとギクシャク食い違わせ、いざ戦争のとき中心点の道路の一方を急造の家などで塞いでしまいます。突進してきた不案内の敵軍はそのまま別の道にそれ、城下町にはいれないトリック。
また、海に面した寺院十五は、いつでも兵站基地になったし、老司の堰を切って落とせば低地部は水びたしになって進入路を阻むことになる。
芒洋として、八方くずれに見えながら、その実、和戦いずれにも備えた福岡城の雄姿は、まさに時代の趨勢を洞察した英知によるものといえるでしょう。

〔黒田家の家紋〕
黒田家の家紋は本来、丸に三橋でしたが、如水がのちにこれを改め、藤巴を創始したと言われます。
如水が秀吉に従い中国地方平定の戦いで、毛利方についていた荒木村重を説得すべく伊丹の有岡城に単身乗り込んだ際、獄に繋がれてしまう。この幽閉中、藤の若蔓が獄舎の棚を伝わって、新芽を吹き出し、紫の花を咲かせ、如水に未来の瑞祥を告げたとされる。その時の艱難辛苦を忘れないためといわれます。
なお、如水の幽閉は約一年に及んだが、この時、主君織田信長は如水が毛利方に寝返ったものと思い、人質として預かっていた一人息子の長政を殺すように竹中半兵衛に命じる。しかし、如水の盟友半兵衛は長政を殺したと偽りの報告をし、長政の命は助かった。次に伝える説話もそうであるが、長政の幸運、強運ぶりを窺い知ることができます。

〔幸運の兜の由来〕
慶長五年(1600年)関ヶ原戦に徳川方の先陣を承った黒田勢は、旧岐阜市の東、合渡川に進出した。連日の雨で増水したのを家臣後藤又兵衛の進言で、夜中、強行渡河が決まった。ところが、長政公の乗馬が先頭で足を滑らせ、危うく河中に転落の刹那、川辺に立つ柳の枝に水牛の兜の緒がかかり、幸運にも難を避けることを得ました。この勢いに黒田勢の士気が上がり、関ヶ原天下分け目の戦いの勝利に大いなる役割を果たすことができました。
光雲神社境内入口右側の水牛の兜像は、この長政公の幸運にあやかり多くの崇敬者の篤志により制作奉献されたものです。

TOPへ戻る
ページの上へ戻る